Exos / Time for a Change (Review)


パワーメタルプロジェクト ”Exos”
2017年リリースの1stアルバム ”Time for a Change”


Time for a Change


Dawn of Destinyのギタリスト Jens Faberのソロプロジェクト”Exos”。
豪華絢爛のゲストシンガー陣を迎えて製作されたアルバムのクオリティがヤバ過ぎる出来です!
以下に 曲と シンガーを
1. Fanatics (Gus Monsanto)・・・Human Fortress
2. Time for a Change (Jonas Heidgert)・・・Dragonland
3. Hell where You least expect It (Piet Silck)・・・Iron Savior
4. Be the one You’ve never Been (Daniele Gelsomino)
5. Fly Away (Tommy Johansson)・・・ReinXeed・Golden Resurrection
6. All the Evil must Die (Dario Verlasco)
7. One Way Street (Mark Lemler)・・・Infinite Horizon
8. As Heaven Died (Tommy Johansson)・・・ReinXeed・Golden Resurrection
9. Still Alive (Siegfried Samer)・・・Dragony
10. Read my Words (Piet Silck)・・・Iron Savior
11. Final Way Home (Johnny La Bomba)・・・Gloryful
12. For once in my Life (Tommy Johansson)・・・ReinXeed・Golden Resurrection
13. Into the Mirror (Daniele Gelsomino)
14. Helping Hand (Siegfried Samer)・・・Dragony
15. Time (Fabio Lione) ・・・Angra
ドラムは Dawn of Destinyが担当し
ギター・ベース・キーボード等はJens Faber自身が担当

このゲストシンガー陣の名前を見ただけで、パワーメタル/メロスピ好きには美味しすぎるメンツなのですが
それを差し引いてもとにかく曲がイイのです!
Jonas Heidgertが歌う ”Time for a Change”は、疾走しながらメロディが壮大な広がりを感じさせる まさしくDragonlandな曲でメロスピ好きKO必至!
Tommy Johanssonが歌う ” Fly Away” ”As Heaven Died” ” For once in my Life”は Tommyのハイトーンが映える、美旋律メロディックパワーメタルで3曲共に素晴らしい!
Piet Silckが歌う ”Hell where You least expect It”は独特のメロディをパワフルに展開させ
”Read my Words”では、グロウルコーラスがピートのパワフルボイス更に引き立て雄々しく突き進むパワーメタルTune!
Siegfried Samerが歌う ”Still Alive” ”Helping Hand”は徐々に劇的さが増していき、中世の世界が浮かんでくる これまたいかにもDragonyを彷彿させます。
Johnny La Bombaが歌う ”Final Way Home”は Gloryfulでは聴く事が出来ない爽快なメロディを歌うJohnny・・という斬新さがいいですね!
Gus Monsantoが歌う勇壮な ”Fanatics”を含め、どの曲もキャッチーさやフック充分なメロディが揃っているので印象的な曲ばかりです!
そして最後に控えるFabio Lione様が参加の ”Time”がドラマチックで感動的なバラードでアルバムを見事に締めくくります!
パワーメタル/メロスピ好き必聴な文句なしのアルバム!

”Time for a Change ”



Facebook→https://www.facebook.com/heavymetalgod.69/?ref=bookmarks
Youtube→https://www.youtube.com/channel/UCSwP5ddLzXDjiunWLeKYZ8A
Twitter→https://twitter.com/mks_metal