Vinide / Reveal (Review)


フィンランド出身のシンフォニックメタルバンド ”Vinide”
2018年リリースの2ndアルバム ”Reveal”


Reveal


メンバーは
ヴォーカル・ギター・ベース Elmeri Kinnunen
ギター・ベース Mikko Kähkönen
ドラム Jaakko Juntunen
キーボード  Heikki Polvinen

Vinide.jpg

2年振りとなる VinideのNewアルバムですが、本作は人工知能を題材にしたSF物語もモチーフにしたコンセプトアルバムで
エンジニアを担当したのはバンドのブレインでもある Elmeriと、北欧メタル好きの人にはお馴染み Mika Jussilaが行っている事からハイクオリティなサウンドプロダクションが構築されています。
フィンランドのバンドらしい透明感と美しいメロディの ”The Beginning Scene ” ”The Great Voyage ”を筆頭に
アルバム中盤ではコンセプト色が色濃く表れ、曲間の語りによるSEが多く挿入されたり
ややプログレっぽい展開も顔を出します。
”The Rat ” ”Another Dimension ”ではゲストに迎えた Minna Seilonenなるフィメールシンガーのソプラノボイスも効果的だったり、 へヴィなリフにスリリングなシンフォサウンドとメロウなサビの対比が美しい ”The Pla ”に ”Believe”も印象的です。
Petri Lampelaが手掛けたアートワークから想像できる通り、 シンフォニック且つ壮大で 時にミステリアスな世界が展開される好盤!

”The Beginning Scene ”



”The Bombs”



Facebook→https://www.facebook.com/heavymetalgod.69/?ref=bookmarks
Youtube→https://www.youtube.com/channel/UCSwP5ddLzXDjiunWLeKYZ8A