Terra Atlantica / A City Once Divine (Review)


ドイツ出身のパワーメタルバンド ”Terra Atlantica”
2017年リリースの1stアルバム ”A City Once Divine”



A City Once Divine


メンバーは
ヴォーカル Tristan Harders
ギター Mike Terman
ベース Karim Djemai
ドラム Nico Hauschildt




2014年に、旧知の仲だった Nico Hauschildtと Tristan Hardersによって結成されたバンドは
アトランティス大航海をテーマにするアイデアを具現化する為に、2015年よりデビューアルバムとなる本作のレコーディングをスタート。
レコーディングに1年以上を要して完成した本作は、一度聴いただけで耳に残る覚えやすいメロディの ”Atlantica ”を筆頭に、Timeless Miracle(来年辺り待望の新譜・・という噂も)のシンガー Mikael Holstをゲストに迎えた ”The Avenging Narwhal ”や
フォーキーな音色を漂わせながらサビで疾走する ”A City Once Divine ”に、勇壮でポジティブなメロディの ”Sails in the Night ”・・といった曲ではキラリと光るメロディセンスを発揮します。
全体に勇壮(・・になり切れていないが)なコーラスで曲を盛り立て トランペットやバイオリン等の音色で独自の世界観を演出しています。
今後 重厚さが出て勇壮さが、らしくなってくれば大化けの可能性を秘めた今から注目していて損はない
期待の新バンド!

”Atlantica”




”Sails In The Night”