Defecto / Nemesis (Review)


デンマーク出身の プログレメロディックメタルバンド ”Defecto”
2017年リリースの2ndアルバム ”Nemesis”



Nemesis


メンバーは
ヴォーカル・ギター Nicklas Sonne
ギター Frederik Møller
ベース Thomas Bartholin
ドラム Lars Jensen




昨年のデビューアルバムも素晴らしかった Defecto ・・.
LOUD & METAL MANIA 2017で来日も果たし(参戦できなかったのが悔しい・・)早いスパンでリリースされた 2ndとなるNewアルバム(現在のところデジタル配信のみのリリース)ですが
これがもう予想を大きく上回る素晴らしい完成度です!
前作同様、硬派でカッチリした音作りに今回はアルバム全体に叙情性とドラマチックさがUp!
オープニングSE ”Final Night of Silence ”に続く Nocturnal Ritesを彷彿させるドラマチック且つパワフルな叙情Tune ”Nemesis ”に、グルーヴ感を強調するリフからキャッチーなサビメロへと繋がる ”Savage ”といったアルバム前半の曲が充実した内容のアルバムで有る事を感じさせるのですが
このアルバムの真骨頂はアルバム中盤からで、ドラマチック且つ緊張感が張り詰める ”Ode to the Damned ”ドライブ感も感じさせるキャッチーな ”Gravity”に、サビメロで抒情性がスパークする ”Before the Veil ”
メロデスパートからドラマチックなサビへの展開が秀逸な ”We're All the Enemy ”・・そしてスリリングなインストパートからレクイエム的な終着をみせる ”Ascend to Heaven ”・・。
バラエティ豊かなメロディを揃えながらも、一貫した世界観を貫いているため飽きる事もなく、散漫になる事もなく絶妙なバランス感覚に優れたアルバム構成で、アルバムを聴き進むにつれグングン緊張感が増していき メロディの質・スリリングな演出を聴かせるリズム隊・そして Jonny Lindqvistや 時に Mats Levén や(James Hetfieldを彷彿させる Nicklas Sonneの歌唱も相まって
今年のベストアルバム候補にノミネート!!な 文句なしの仕上がり!!

”Savage”




”Nemesis”