Souldrinker / War Is Coming (Review)


ドイツ出身のへヴィメタルバンド ”Souldrinker”
2017年リリースの1stアルバム ”War Is Coming”



War Is Coming


メンバーは
ヴォーカル Iris Boanta
ギター Markus Pohl
ベース Chris Rodens
ドラム Steffen Theurer




現 Mystic Prophecy・Watch Me Bleedに在籍するギタリスト Markus Pohlに、同じく Watch Me Bleedに在籍の
Steffen Theurerと Chris Rodens・・・、そしてシンガーには The Mysteryで男勝りの強烈パワフル歌唱で多くのメタルファンのハートをガッチリ掴んだ Iris Boantaという強者メンバーが集った Souldrinker・・。
2013年と2014年にシングルをリリースし、今年待望の1stアルバムをリリース!
ソングライティングは Markus Pohlが中心に LyricはIris BoantaとChris Rodens
ミックスはTom Müllerにマスタリングは Eike O. Freese と、盤石の体制が敷かれた中でアルバム製作されています。
アルバムオープニングを飾るめちゃくちゃカッコいいパワフルなアッパーTune ”Let the King Bleed ”でスタートするアルバムは、全体にへヴィでグルーブ感やエモーショナルな感触に包まれ
そこにハスキーでパワフルな Irisの歌唱が絡み、相当カッコいいへヴィメタルが展開されるという・・。
一番近い感触を受けるのは最近の Mystic Prophecyでしょうか。
へヴィながらメロディアスでキャッチーな ”Take my Pain ”、バラード調から一転してへヴィに展開する ”To the Tick ”といった曲もかなりカッコよく、これはかなりの強力盤!!


”Let The King Bleed”