Karma Fire / The Shadow (Review)


ノルウェー出身のハードロックバンド ”Karma Fire”
2017年リリースの1stアルバム ”The Shadow”



The Shadow


メンバーは
ヴォーカル Daniel Sunde
ギター Terje Husa
ベース Terje Lennavik
ドラム Harald Rossetnes
キーボード Thorleif Østmoe




初聴の印象はハッキリ言って地味で魅力のある感じはしませんでしたが、時間をかけて何回も何回も聴くうちに印象は変わり気が付くと聴きたくなる・・そういう 即効性は低いが中毒性の高いアルバム。
80年代初頭頃を思わせるオーセンティックなハードロックで、奇をてらった感や派手さは有りませんが
ソリッドなリフが曲を引っ張りカッコいい ”Stormbringer” ”The Shadow” ”Highwire”・・(特にHighwireはWhitesnake を彷彿させる魅力的な一曲)
ジワジワ沁みるメロディのミディアムTuneの ”Soldier On”に ”Coming Home”の伸びやかなメロディも印象的!

プロデューサーは何と Tommy Newtonが務めている事も有ってか、UFOっぽい印象も有ったり
リフは WhitesnakeだけでなくVan Halenや Dokkenからの影響も伺えます。
流通の問題も有ってかノルウェー国内以外ではCDの入手は難しい様で、日本ではi tuneで購入しか聴く方法はないかもしれませんが、それでも より多くの人に聴いてもらいたい味わい深いアルバム・・。

”Coming Home”




”Stormbringer”





Facebook→https://www.facebook.com/heavymetalgod.69/?ref=bookmarks
Youtube→https://www.youtube.com/channel/UCSwP5ddLzXDjiunWLeKYZ8A